胸や背中ニキビ、出来てしまったら?

私もよく出来るのですが胸や背中のニキビの原因や対策についてをまとめてみました。

【原因と対策】
汗をかいたまま放置しておくことで、分泌された皮脂が皮膚に沈着して、それにアクネ菌がよろこんで飛びついて食べて、活発に繁殖をはじめます。
アクネ菌はみなさんもご存知のとおり、憎っきニキビのものとです。
胸は汗をかいても拭きにくい部分ではありますが、こまめに清潔なタオルやハンカチで拭き取るように心がけてくださいね。

【身近な刺激も危険です】
体質的なものや汗などが主な原因であると思われがちですが、これ以外にも身近な刺激も胸ニキビの原因になっていることがあります。

女性の場合、胸の開いた服を着て、おしゃれのためにラメ入りのコスメを塗る方もいらっしゃるでしょう。
これが、意外と危険なんです。
化学物質や摩擦などに刺激されて、炎症が誘発される場合もあるんですよ。

また、汗の染み込んだ洋服を着ることで、洋服から皮脂が胸に再付着して症状が出てしまう場合もあります。
毎日清潔な衣類を身に着けるように心がけましょう。

あと、洗剤の刺激も見逃せません。
洗濯洗剤がよく落しきれていない衣類や、刺激の強い洗剤の洗い残しが原因で症状が引き起こされている場合もあります。
すすぎをしっかりと行ったり、お肌にやさしい洗濯洗剤に切り替えたり、ちょっとした工夫をしてみると良いと思います。

【保湿ケアをおすすめします】
スキンケアというと顔しかしない方がほとんどだと思います。
胸ニキビができる方の中には、乾燥が原因になってるケースも少なくありません。
自分のお肌が乾燥しやすいという方は、特に乾燥しやすいお風呂上りに、普段使っているものでよいので、保湿ケアを行うことをおすすめします。
ローションでも美容液でも、なんでもかまわないと思います。

今は胸や背中ニキビ専用のローションも多数販売されているとHPで見ました。
 
⇒ 胸ニキビを治す方法
 
デコルテラインに出来た胸ニキビに効くケアをたくさん紹介しています。
ボディーソープを変えたり泡を立てて優しく洗ったりする事も有効のようです。

美容整形外科でも脱毛はできるようですね

毎年、夏になると脱毛のことが気になってきます。

わたしは、いつも、お風呂に入ったときにカミソリで自己処理を行っているんですが、なかなかうまくできません。脱毛がうまくいかないと夏のファッションも限られてしまうものです。特にノースリーブなどは、自信を持ってきることができません。もう自己処理では限界かなあとも思ってしまいます。

さて、そんな中で目にはいるのが、いわゆる脱毛サロンの広告です。
プロの手によって脱毛できるのならば、期待する価値もあるとは思います。

でも、なんだか勧誘とかもありそうで、こわいというイメージを抱いてしまいます。よく、お試し価格とかいう広告もみるんですが、これもそれだけでは済まないことになりそうだと考えています。

でも、永久脱毛ということばには惹かれます。これは、一度脱毛したら、二度と生えてこないということを意味していると解釈しています。それだったら、お金を払うのもありだと思います。

そんなわたしですが、先日、ある美容整形外科のホームページを興味半分でながめていました。
そうしたら、そういったクリニックでも、脱毛ということを行っていることがわかったのです。これは、医者の行うことなので、間違いはないと思います。

そして、サロンのようにあれこれ勧誘されることもないと思います。ただ気になるのは、その値段と場所です。わたしはいなかに住んでいるので、そういったクリニックに通うためにはたくさんの時間とお金が必要となります。また、当然、保険診療とはならないので、すごく高額なものとなってしまいます。とても魅力的には思うんですが、今のわたしには無理かなあと感じています。

でも、経済的に余裕ができたら、きちんとした美容整形外科で脱毛してもらうのもいいかなあと思っています。自己処理は時間や手間がかかるわりにうまくいかないし、脱毛サロンはなんだか信用出来ないような気もするからです。なんといっても、医者の手でというのが魅力的です。