ムダ毛のない肌を目指そう

ムダ毛って女性の敵だと思うんです。だってわざわざきれいな肌にたくさんの毛が生えてくるんですよ。ただ汚いだけなのにそこに生えてくるのって結構不快ですよね

でも私はそんなムダ毛にシェーバーで立ち向かってます。ほぼ毎日腕のムダ毛をシェーバーできれいに剃っているのです。もちろん脱毛と違ってただ剃るだけだからほんのわずかに毛が残ってしまいます。
でも私は積極的に他人と交流することがなく、毛を見せるわけでもないので、シェーバーで十分だと思いました。多少の剃り残しなら誰かに見られたとしても気にしません。所詮見知らぬ他人に一度見られるだけなので、深く気にせず生活してしまいます。

さすがに知り合いや友人に会う時はしっかりムダ毛処理しますけどね。それでもそんなに真剣に剃ろうとは思いません。もし本格的に処理したいと思ったら脱毛と言う手段を使います。

私は今までいくつもの手段を使ってムダ毛処理をしてきました。市販のムダ毛処理の道具、脱毛器、そしてシェーバー。どのアイテムだったら私の濃いムダ毛に立ち向かえるか何度も調べました。

やはり私の濃く太い毛には市販の脱毛テープや脱毛クリームなどの商品は太刀打ちすることができず、結局今使っているシェーバーと脱毛器に落ち着いています。

きれいでつるつるな赤ん坊のような肌にすることは不可能ですが、それでも少しでもムダ毛のない肌を目指すために私は日々奮闘しているということです。今後もムダ毛処理を続けなければいけないと思うと億劫に感じますが、それが女性の使命だと思って努力したいと思います。

大人になってもガールズトークしています

地元の先輩のお願いって何歳になっても断れないものです。
一年早く生まれたとかただそれだけなんですけど、年功序列の文化ってすごいです。

私にはそれを逆らうことはできません。そして、今日は地元の中学からの先輩と二人でご飯食べました。
まあ、先輩といっても本当に昔から仲良くさせてもらっているので学生時代嫌なことも楽しかったことも何でも話し合った仲でした。

部活が一緒だったんですけど、学校卒業してから先輩は早く旦那さんを見つけて結婚して、子供もいたりします。そして、離婚したりで結婚波乱万丈な生活みたいです。

で、今日はそんな大人になった二人の女子会です。私からしたら変わらず独身ですし、先輩と違って男っ気もないのでなんだか結婚とか離婚とかっていまいちピンとこないんです。

今日も話のメインは先輩の恋愛話。最初に「そっちはどうなの?」って聞かれて「あんまり何もないですよ。仕事忙しくさせてもらってますね。」って話をしたらそれ以降は延々とお母さんになっても変わらないガールズトークです。

結婚もしてない私にガールズトークのネタがなくって、お母さんやっている先輩にガールズネタがたくさんあるってすごいです。むしろそういうのって才能もあると思います。

よく恋愛体質って言葉聞きますけど、恋愛にも得意不得意というか、技みたいなものがあると思います。先輩は今、バイトしてるみたいですが、仕事の話よりも仕事場にいる男性の話ばかりです。

私だったら仕事の内容に目が行くのに常に見ている世界が違うんです。なんか、逆に面白くっていつも会話の中に発見が多いです。一生恋愛して欲しいななんて個人的に思いながらニヤニヤ話を聞いてました。先輩!私はいつまでも先輩を応援します!

夏のスキンケア

暑い時期、スキンケアってなかなか難しいものです。

暑さによる汗や皮脂で乾燥していないように思っていたら実はガンガンに効いているクーラーのせいですごく乾燥肌に拍車がかかってしまったり、オイリー肌の人はその逆でさらに肌が汗・皮脂のせいでさらに肌が脂ギッシュになってしまったり・・・・。

外出しているときと、室内にいるときとの環境差でどんどん肌が悪くなってしまうような気がします。
外を歩いているときは暑くて皮脂が浮いてきてしまうのに、室内にいるとどんどん乾燥してしまう、この嫌な状態をどうしたら解決できるだろうと考えていきついたのが「ミスト化粧水」でした。

今は多くのメーカーがこぞって出しているので、自分が普段使用している基礎化粧品の同ラインだったり信用しているメーカーが販売しているものを使えばまず肌に合わないということもなくすぐに取り入れられると思います。だいたいがメイクをした上から使えるものばかりなので、それも嬉しいところです。

はじめのうちは室内での乾燥対策に使用していたのですが、それ以上に良いのが外出時。とにかく暑くてたまらないときに顔に冷たい化粧水を振りまくことが出来るのは本当に快感です。一吹きするだけで一気に体感温度が下がります。とにかく涼しさを感じられること間違いなしです。体感温度が下がることで汗や皮脂の分泌も抑えられるので、肌そのものの悩みもかなり軽減されます。

おじ様たちがおしぼりで顔を拭いてしまう理由はこの快感にあるんだろうか・・・とそんなことも思ってしまう、ミスト化粧水でのが夏のおすすめスキンケアなのでした。

バーゲンでつばの広い帽子を買いました。

紫外線が気になる今日この頃。

スキンケアの方は毎日しっかり対策してます。ちょっとでも汗かいたら、日焼け止めを塗るなどして。
でも、髪の毛の対策を忘れていました。

ダークブラウンで染めているのですが、どんどん赤茶けていって、傷みも酷くなってきました。
美容院で相談して、トリートメントをしてもらったのですが、一週間くらいすると、またパサパサしてきてしまいました。

美容師さんによると、髪の毛の日焼け、紫外線に当たることはすごくダメージを与えるそうです。
日傘か帽子で対策をしないと、と言われてしまいました。

自転車に乗ることが多いので、その場合は日傘は無理。

帽子だと、あまりつばの広いものを持ってなくて、髪の毛の出てる部分、私はセミロングなので、肩にかかるあたりの毛先が痛んでしまいます。
確かに、なるべく自転車で出かける際に帽子はかぶっていたのですが、毛先が出てしまっていて、そこが特に痛んでました。

そこで、バーゲンで帽子を買うことに。

つばの広い帽子って、どうしてもオバチャンぽいデザインが多くて躊躇していたのですが、仕方ありません。
いわゆる、紫外線カットなどの効果をうたっているものはとくにつばの部分だけやたら長くて、オシャレ感はゼロ。
そこで、普通の洋服のブランドのお店で色々探しました。

何件も回ってやっと、かわいくて、オバチャンぽくないデザインのつばの広い帽子を見つけました!
全体的につばが広いので、顔もしっかり隠れて紫外線対策がバッチリです。

きちっと日焼けしないように帽子をかぶって、あとはトリートメントもしっかりして、髪の毛を紫外線から守りたいです。

久しぶりのランチ

お友達と二人で久しぶりにランチを食べてきました。

そこのお店はファッションビルの最上階にあって、とても気に入っているお店です。
喫茶店としてもよく利用しますが、ランチのパンブッフェがとても美味しいので、ランチに行くほうが私は好きで、よく行っています。

ビルの屋上のガーデン部分に隣接されているので、店内もいいですが、テラス席もなかなか素敵です。その日も店内が混み合っていたので、私たちはテラス席に座りました。

のんびりした空気が流れていて、ガーデンで遊ぶ子供たちの声と、微かに聞こえる小鳥の声がいいBGMになっていました。
料理を待ちながら、お友達の仕事の愚痴や、彼氏の話、将来の結婚の話など、いろいろな話を聞きました。

愚痴のほうが多かった気がしますが明るいテラスで聞いていると、そんな内容も普段よりも黙って聞く事が出来る気がするので、不思議です。
アドバイスというほどのものでもありませんが、私なりの意見もお友達にいいながら、話を聞いていました。

焼きたてのパンも美味しく、お友達は気持ちもお腹も満たされたようで、満足そうでよかったなと思いました。
私もパンがモチモチで止まらずに、お腹いっぱいになるまで食べてしまいました。
デザートが入るかなと少し心配になりましたが、別腹だったようで二人で本当にお腹いっぱいになるまで食べてしまいました。

食べ過ぎてしまったので、帰りはショッピングしながら動き回って少しでもカロリーを消費しようと、二人でいろいろなお店をまわって帰りました。

胸や背中ニキビ、出来てしまったら?

私もよく出来るのですが胸や背中のニキビの原因や対策についてをまとめてみました。

【原因と対策】
汗をかいたまま放置しておくことで、分泌された皮脂が皮膚に沈着して、それにアクネ菌がよろこんで飛びついて食べて、活発に繁殖をはじめます。
アクネ菌はみなさんもご存知のとおり、憎っきニキビのものとです。
胸は汗をかいても拭きにくい部分ではありますが、こまめに清潔なタオルやハンカチで拭き取るように心がけてくださいね。

【身近な刺激も危険です】
体質的なものや汗などが主な原因であると思われがちですが、これ以外にも身近な刺激も胸ニキビの原因になっていることがあります。

女性の場合、胸の開いた服を着て、おしゃれのためにラメ入りのコスメを塗る方もいらっしゃるでしょう。
これが、意外と危険なんです。
化学物質や摩擦などに刺激されて、炎症が誘発される場合もあるんですよ。

また、汗の染み込んだ洋服を着ることで、洋服から皮脂が胸に再付着して症状が出てしまう場合もあります。
毎日清潔な衣類を身に着けるように心がけましょう。

あと、洗剤の刺激も見逃せません。
洗濯洗剤がよく落しきれていない衣類や、刺激の強い洗剤の洗い残しが原因で症状が引き起こされている場合もあります。
すすぎをしっかりと行ったり、お肌にやさしい洗濯洗剤に切り替えたり、ちょっとした工夫をしてみると良いと思います。

【保湿ケアをおすすめします】
スキンケアというと顔しかしない方がほとんどだと思います。
胸ニキビができる方の中には、乾燥が原因になってるケースも少なくありません。
自分のお肌が乾燥しやすいという方は、特に乾燥しやすいお風呂上りに、普段使っているものでよいので、保湿ケアを行うことをおすすめします。
ローションでも美容液でも、なんでもかまわないと思います。

今は胸や背中ニキビ専用のローションも多数販売されているとHPで見ました。
 
⇒ 胸ニキビを治す方法
 
デコルテラインに出来た胸ニキビに効くケアをたくさん紹介しています。
ボディーソープを変えたり泡を立てて優しく洗ったりする事も有効のようです。

美容整形外科でも脱毛はできるようですね

毎年、夏になると脱毛のことが気になってきます。

わたしは、いつも、お風呂に入ったときにカミソリで自己処理を行っているんですが、なかなかうまくできません。脱毛がうまくいかないと夏のファッションも限られてしまうものです。特にノースリーブなどは、自信を持ってきることができません。もう自己処理では限界かなあとも思ってしまいます。

さて、そんな中で目にはいるのが、いわゆる脱毛サロンの広告です。
プロの手によって脱毛できるのならば、期待する価値もあるとは思います。

でも、なんだか勧誘とかもありそうで、こわいというイメージを抱いてしまいます。よく、お試し価格とかいう広告もみるんですが、これもそれだけでは済まないことになりそうだと考えています。

でも、永久脱毛ということばには惹かれます。これは、一度脱毛したら、二度と生えてこないということを意味していると解釈しています。それだったら、お金を払うのもありだと思います。

そんなわたしですが、先日、ある美容整形外科のホームページを興味半分でながめていました。
そうしたら、そういったクリニックでも、脱毛ということを行っていることがわかったのです。これは、医者の行うことなので、間違いはないと思います。

そして、サロンのようにあれこれ勧誘されることもないと思います。ただ気になるのは、その値段と場所です。わたしはいなかに住んでいるので、そういったクリニックに通うためにはたくさんの時間とお金が必要となります。また、当然、保険診療とはならないので、すごく高額なものとなってしまいます。とても魅力的には思うんですが、今のわたしには無理かなあと感じています。

でも、経済的に余裕ができたら、きちんとした美容整形外科で脱毛してもらうのもいいかなあと思っています。自己処理は時間や手間がかかるわりにうまくいかないし、脱毛サロンはなんだか信用出来ないような気もするからです。なんといっても、医者の手でというのが魅力的です。